管理人による無料メール講座!(メールマガジン)

           ダイエット!サプリメント・ダイエット食品の【美容・健康サークル】
知識がない方でも、ゼロの状態から毎回配信されるメールを読んで頂くだけで、薬剤師の妻や私と同じように、健康で自由になる為の方法・思考が体験できるメールマガジンになります(読者2500人以上)興味がある方はお気軽にご参加ください⇒詳細はこちらから
下記登録フォームに必要事項をご記入の上、確定ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。※は必須入力です。


最新情報!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過呼吸 原因



過呼吸原因について話題になっていますが、最新の研究がありますので紹介しますね。

過呼吸 原因-プレッシャーの下に過呼吸になる選手たち

勝負を決める重要な場面で息詰まるような経験をするアスリートは多いが、中にはプレッシャーから窒息感を感じたり過呼吸症候群を引きおこしてしまうようなアスリートもいる。ある種、集中しすぎているような状況でパーフォーマンスが低下することが起こることについて、一体どのような心理学的考察ができるのだろうかという、バーミングハム大学の研究者による研究。

プレッシャーのかかる状況下では、自然と意識が自分の内側に向かっていく。時としてその内向きの意識が強くなりすぎて、全てのことが順調にいっているかどうかが気になってしまうのだと研究者らは指摘する。そしてそういうときにこそ望ましくないことが起こってしまうのだ。

過呼吸 原因

リラックスすることの重要性はアスリートにとってもはや陳腐な決まり文句になっていると言ってもいいくらい一般的にはよく知られている。それは分かっていながらも、実際にリラックスしろ、と声をかけるだけでは、もちろん不十分であるのだ。自信の身体に注意が集中しすぎたときにどのように対処するのかということに、本研究の心理学者は焦点を当てようとしている。自分が野郎としていることに集中すると全てが台無しになってしまうということは、どのように動きを変えることによって対処できるだろうか? 行動を修正するために必要なものは何だろう?

研究者らは、野球選手がプレッシャー下ではヒット数が少なくなってしまうことを発見した。このような状況では、スイングの軌道が通常の環境に比べてずれやすいのである。また、ロッククライミングをする人では、高いところに行けば行くほど、動きになめらかさがなくなるようだとも報告されている。地表付近で行う動作に比べて、高いところでの動作は関節の動きがぎこちなくなってしまうと言うのだ。不安感によってこれらの状態が導かれているのではないかと研究者は推論する。

過呼吸 原因

また、研究者らは特定の物事がプレッシャー下で上手くいかなくなるようなことがあることについても報告している。ゴルフのクラブの角度が変わったり、パッティングの時に力を入れすぎてしまったりといったことである。どのようなときにこれらの状態が導かれるのかを明らかにすれば、コーチはこの行動の修正をアプローチすることもできるようになるかもしれない。

このようなアプローチの一つが『類推』であると研究者らは指摘している。例えば、ゴルフなら、集中してクラブを強く握りすぎてしまっているようなとき、歯磨き粉のチューブを握っているように連想させ、歯磨き粉が出ないように握る、といったような方法だ。このような指導法によって、プレーヤーの感覚を内向きから外向きに変えていける可能性があると研究者らは例示している。

過呼吸 原因



健康・栄養フォーラムより
スポンサーサイト

悪性黒色腫 治療



悪性黒色腫治療について話題になっていますが、悪性黒色腫の最新治療についての研究がありますので紹介しますね。

悪性黒色腫 治療-野菜の抽出成分で悪性黒色腫を抑制

ブロッコリーやキャベツのようなアブラナ科の野菜の成分を抽出した合成薬が、黒色腫に効く可能性を示唆した研究。ペンシルバニア医科大学がマウスを用いた実験で、野菜成分にセレンを混ぜた薬は、低容量の投与でマウスの黒色腫増殖を50-60%抑制できたことを発表。同チームは以前、AKt3たんぱく質を対象に黒色腫の発症抑制治療の可能性を示したが、非現実な量を服用しなければならなかった。今回、イオウとセレンを混合させ、低容量でヒトの静脈内に投与することでより強力な薬になったと提案。セレンの強化した薬がAkt3たんぱく質の生産を有意に減らし、その情報伝達ネットワークを阻止することを確認した。

悪性黒色腫 治療



健康・栄養フォーラムより

猪瀬ゆり子 脳腫瘍


猪瀬ゆり子さんが脳腫瘍で亡くなったそうですが、残念ですね。
脳腫瘍についての最新の研究がありますので紹介しますね。

猪瀬ゆり子 脳腫瘍-脳腫瘍患者の運動習慣が余命に影響
重度の脳腫瘍診断を受けた患者243人を対象とした研究で、運動が気分転換のみならず余命の延伸にも効果があるという、米国デューク大の脳腫瘍研究センターからの報告が発表された。

研究対象者は同センターの患者のうち、平均余命6ヶ月未満とされる、進行性再発神経膠腫と脳腫瘍の診断を受けた患者。27.4ヶ月の追跡期間中、61%に当たる149人が死亡した。

猪瀬ゆり子 脳腫瘍

自己申告による運動量、6分間で歩ける距離と、その後の余命を比較したところ、週9メッツ以上つまり1日30分速歩運動を週5日以上行う群の余命が21.84ヶ月であったのに対し、9メッツ未満は13.03ヶ月で、明らかな差がみられたという。

一方全身状態の指標(KPS)や病期、年齢や性別、6分歩行距離などについても比較したが、余命との有意差は見られなかった。

猪瀬ゆり子 脳腫瘍

研究者は運動の効果を指摘するだけでなく、足元がおぼつかくなりがちな脳腫瘍患者へは、運動量をたずねることが、従来行われている6分間歩行テストよりも余命予測に有意義であるとも指摘している。

猪瀬ゆり子 脳腫瘍


健康・栄養フォーラムより

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。